化学物質化敏症の自殺者。

今日の報道ステーションの特集でした。

化学物質過敏症の妻の自殺幇助で夫が逮捕。

悲しい事です。

でも私には痛いほどその気持ちが分かりました。

私はタバコだけに反応します。
だけど・・・・それでも・・・

ニオイで何日も寝込んだり
発疹が出て痒くて眠れなかったり
身体がしびれて動かなかったり
タバコや煙の映像でさえ吐き気がしたり
外に出るにも命懸けでビクビクしなきゃいけなかったり

そんな苦しい毎日を送ってるんです。

ウカツに病気だって出来ません。
麻酔や薬も化学物質だから・・・・
薬に反応して発疹が出てしまったりします。

ほぼタバコだけがダメな私でもこんなに辛くて精神的に「自殺」という最低の行為に逃げたくなります。
TVドラマなどでタバコや煙の映像を見るだけでうつ状態に陥ります。
ましてや・・この死んでしまった方のようにいろんな物に反応する方は生きていくのが地獄になってしまいます。
隣の家の洗濯洗剤のニオイですら倒れてしまう日々・・・・

理解者が少ないなら尚更・・・・

私の周りも決して理解者が多い訳じゃない。
平気で目の前でタバコを取り出し「煙が出てなきゃいいんでしょ?」と思ってる人だって居る。
病状の説明をしたら「禁煙の話なんか嫌いなんよ」と大勢の前で言い捨てる人も居る。
存在をうとましがる喫煙者も居る。
「気のせいやろ?そんなヤツおる訳ない」と心無い言葉の刃を突き立てる人も居る。

でも逆に・・・

自分の結婚式なのに私のためだけに全面禁煙にしてくれた友達。
ちょっとでも知名度を広げようと過敏症のサイトを作って訴えかけてくれる友達。
ヘビースモーカーなのに1週間前から禁煙して私に会いに来てくれる友達。
「タバコ吸わせてね」と映像ですら見えないように気を使ってくれる仕事仲間やお客様。

こういう心優しい人たちの存在も有るから私は頑張って行けると思っています。
心優しい人たちのために私は頑張って行かなきゃいけないとも思う。


このブログを読んでくれた人にもお願いです。

タバコもですが・・香水、排気ガス、消臭スプレー、化粧品・・・
これらの全ては過敏症の人たちにとっては「ニオイ、霧状の液体が身体にかかる、吸い込む」だけで症状が出てしまいます。
人ごみや知らない人が居る場所でこれらをふりまいていませんか?
迷惑をかけないように考える事が出来てますか?
その成分で死んでしまう人が居る事、理解してあげて下さい。
そして使うときは周りにもっと気配りをしてあげて下さい。

過敏症は特別な病気ではないんです。
化学物質の許容量を超えたら一気に拒否反応が出る、誰でもいつなってしまうか分からない病気です。
病気で直接死んでしまう事も有りますが、精神的に追い詰められて自殺というのもまた現実には多いんです。

自殺者を救えるのは周囲の理解と行動なんですから・・・・
皆の大切な人たちが同じ苦しみを味わいませんように・・・
身体がボロボロでも・・・せめて心豊かに暮らせるように・・・
そう願うばかりです。
[PR]